まちの塗装屋さん

  • 当社は4度塗りを標準サービスとしており工事の品質を落とさないためにも、
  • 毎月お受けできる棟数を武内が責任をもって施工できる範囲、棟数2件と制限しております。
  • 1~2回の重ね塗りでは、3年もてば良い方です。
  • 3回塗りでも塗料本来の性能を引き出すことはできません。
  • 4回塗りでようやく10年もつ塗装が出来ます。

※上記は、2液型・4回塗り・シリコン油性塗料を使用したの場合

外壁は10年以上紫外線や雨・風・雪にさらされています。
温度で言えば60℃~マイナス5℃(屋根は70℃以上にもなります)
そういった厳しい環境の中、外壁は毎日頑張っています。

1度目の下塗りで、まず「建材の補強」を行います。
高浸透性の塗料を建材に吸い込ませることで
弱っていた外壁を元の強さに戻していきます。

2回目の塗装は、細かいヒビを埋めていく塗料です。
防水膜を作り細かいヒビから紫外線や雨水が壁面から浸透しないようにします。

また外壁全体に膜を作ることによって、
この後塗る、中塗り・上塗りの塗料を密接着させる効果があります。
手を抜かず下塗りを2度行うことが塗装の寿命を大きく伸ばします。
お化粧前の下地クリームに対応する作業です。

中塗り、上塗りの最大の目的は外観を美しくすることです。
この2回の塗りでお客様が求める「色」「ツヤ」を出していきます。

  • 遮熱性
  • 防カビ性
  • 透湿性

を付加させた塗料もございます。

一度に塗れる塗料の量は決まっており一度で量多く塗っても気泡が出来て逆効果となります。
2度しっかり塗ることで綺麗な色が出ると共に、塗料の耐久を上げる事ができます。

これが「新築より新築らしい」と言われる4度塗りになります。